ゴム製品の配合に関する考慮事項

ゴムは 2 つの異なる供給源から来ています。1 つはゴムの木から採取したラテックスを使用して生成される天然ゴムです。化学合成された合成ゴム。起源に関係なく、すべてのゴムは、非常に大きな変形に耐え、その後本質的に元の状態に「跳ね返る」能力を特徴としています。天然ゴムは、今日多くの製品で使用されていますが、機械的、化学的、環境的耐性の制限があり、多くの用途に使用できなくなります。非常に多くの場合、これらの欠点に対処するために合成ゴムを配合できます。

実際には、標準的なゴム素材のようなものはありません。用途ごとに、その用途の正確なニーズを満たすように調整されたカスタム配合製品があります。ゴムは、鋼やプラスチックなどの他の材料よりもはるかに複雑な材料です。鋼やプラスチックは通常、3 ~ 4 種類の材料を溶かしてできたものですが、ゴムの配合は、10 ~ 20 種類の材料をブレンドして構成されることがよくあります。さらに、これらのコンポーネントのいくつかは、製造サイクル中にゴムが加硫されるときに不可逆的な化学反応を起こします。成分の数が非常に多く、化学反応が変化するため、ゴムをリバースエンジニアリングする現実的な方法はありません。ゴムの配合は「科学」よりも「芸術」です。

ゴム製品を配合する際には、3種類の性能上の課題を考慮する必要があります。

動的。ゴムを他の材料と区別する 1 つの要因は、その用途で耐えられる非常に大きな変形です。ゴムは、動的ストレスがかかる寿命の間、その特性を維持する必要があります。ゴムは、数千回、さらには数百万回圧縮、伸長、またはねじられた後でも、その機能を実行するのに十分な弾力性を備えている必要があります。
化学。ゴムは、多くの場合、さまざまな化学薬品に耐える必要があります。モーターや発電機での用途では、ガソリンやオイルに耐性がなければなりません。一部の産業機器では、洗浄溶剤、酸、アルカリなどのさまざまな過酷な液体が発生します。ゴム製のチューブには、任意の数の過酷な流体をポンプで送り込むことができます。適切な配合がないと、ゴムコンパウンドはこれらの腐食性元素に直面すると文字通り溶解または崩壊する可能性があります。
環境。ゴムは、数千サイクルにわたって柔軟性を維持し、腐食性の化学物質に耐える必要があるだけでなく、極端な温度での性能も必要になる場合があります。この良い例は、ミネソタの冬に座っている車です。夜間、エンジンのシーリングOリングは氷点下の温度にさらされます。 O リングは、エンジンがピーク温度に達したときと同様に、冷えたエンジンが最初に始動するときにも密閉する必要があります。
これらのパフォーマンスの課題を組み合わせると、ゴム配合業者にとって(不可能ではないにしても)途方もないタスクが発生する可能性があります。

ゴム配合の最初のステップは、ゴムが耐える必要のある条件に関連する詳細な要件を作成することです。機械的/動的な要件を特定するのはかなり簡単です。ただし、化学的および環境的要因は一般的に誤解されています。この場合、豊富な経験を持つゴム配合化学者が必要です。化学者は多種多様なアプリケーションを見ており、製品がフィールドで発生する可能性のある条件を特定するのに役立ちます。

すべての要件を完全に理解した後、ゴム配合化学者は、コンパウンドを作成するための数十のコンポーネントのレシピを導き出すことができます。ゴムの配合は非常に複雑で、文字通り何百もの潜在的な変数を利用できます。この複雑さの規模のため、特定のアプリケーションのパフォーマンスを最適化する正確な定式化を分析的に決定するためのツールやガイドは多くありません。ゴムで最適な性能を達成することは、「科学」というよりも「芸術」であり、経験豊富で知識のある配合者が必要です。

If you are you looking for more info about 避難所テント look into our own web page.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *